哲学とサービス

HOME > SERVICE >

カープロテクトの哲学とサービス

ガラスコーティングの持続期間

ガラスコーティングの持続期間皆様がコーティング選びに於いて、施工料金と共に重要視されるガラスコーティングの持続期間ですが、重要視されるほど、根拠の無い5年持続とか5年保障と言う言葉が氾濫してしまうようです。実際に5年保障というコーティングをされた方の、何パーセントの方が満足されているのでしょうか?

確かに、ガラスコーティングは、従来のポーリマーコーティングなどと呼ばれていた時代のコーティングと比較しますと、持続力は確実に高くなっています。

しかし、保管場所や洗車状況、更に、塗装のカラーだけでなく塗装の質によっても持続期間に差が生じてしまうのが現実です。その差を埋める為に、弱点を知り、弱点を補うアフターケアやメンテナンスの必要性を理解する事が重要ですし、2年そして3年と満足出来る、ガラスコーティングへの近道となります。

十分なコーティング性能を発揮させる為に、必要不可欠な下地処理

十分なコーティング性能を発揮させる為に、必要不可欠な下地処理コーティングに於いて下地処理(磨き)は、コーティング性能を十分に発揮させる為に、重要な作業です。

「新車なので、磨く必要は無いだろう」と仰る方が多いのですが、輸入車はもちろん国産車でも、風雨にさらされること無く、御客様の元へ届けられることは有りません。

その間のダメージだけでなく、メーカー出荷時の塗装状態に問題が生じている場合も、珍しくありません。

新車でも最低限の磨きは必要。しかし可能な限りのキズまで消す、マニアックな磨きの強要はいたしません。

磨きキズを残さない「高品質研磨システム」磨きについてカープロテクトの考え方は、コーティング性能を発揮させる為に、新車でも最低限の磨きは必要、可能な限りのキズまで消す、マニアックな磨きの強要はいたしません。

コーティングするとキズが付かなくなる、付いてもコーティングの上に付いていると、勘違いされている方がいらっしゃいます。例えば、ブラックカラーで屋外駐車、洗車はコイン洗車場という環境ですと、コーティングされても、少しずつ洗車キズが増えていってしまうのは、致し方ありません。たくさん削ってしまうリスクを伴う磨きより、深めのキズは残ってしまいますが、バランスの良い磨きをお勧めしています。

磨きキズを残さない「高品質研磨システム」

磨いてキズを消すと言うことは、キズをキズで見えなくしている訳で、高度な磨き技術を持っても、マイクロスコープで見ますと細微なキズが残ってしまいます。

ところが、マイクロスコープどころでなく、肉眼で見えてしまう磨きキズを残してしまっているケースも多数あります。御客様が仰る「晴れた日や夜間の照明灯の下だと、ギラギラ見えてしまう」 いわゆるバフ目やオーロラマーク等と呼ばれている磨き痕です。

従来の油性のコーティング剤ですと、バフ目は油分で見えなくなってしまいますが、ガラスコーティングですとバフ目は隠れませんので、高度な磨き技術が必要となります。カープロテクトでは、高品質研磨システム「MIRRORTECH」により、バフ目を残さないポリッシュ作業を行なっています。

施工環境も重要

施工環境も重要洗車から全ての作業を、冷暖房完備の室内で行ないます。

ユーザーの皆さんも洗車時には、「室内でなくとも、せめて屋根があったらなあ」と思われているのに、われわれ施工店が、お客様の大切な愛車を、炎天下や強風下で洗車するのは、失礼です。

塗膜状態を把握できる照明設備が無いと、キチンと磨けないだけでなく、磨きすぎの原因にもなってしまいます。蛍光灯のみでは、バフ目だけでなくキズさえも見えません、セラミックメタルハライドランプなどのHIDランプを多用しています。

もちろん、洗車からコーティングまで、冷暖房完備の密閉空間で作業します。

ご予約方法

ガラスコーティングやカーフィルムの施工は、短時間での作業では不可能なサービスとなります。
TELやメールでの御予約も可能です。新車納車後すぐの施工を御希望の方、納車日が決まり次第、早めに御連絡頂けますと御希望にそえると思います。

お問合わせ・お見積りはこちらから

▲ ページトップへ

Copyright © 2008 carprotect All rights reserved.